ミロクの掌 一の手・二の手活用方法

一の手のやり方

一の手
1.掌を創る

これがミロクの掌一の手を行うときの型です。

左の掌でネガティブなエネルギーや感情を受け止めていきますので、イラストのように左の掌を上にして、右の掌はそれを支えるようにして、円の空間を創ります。

多面体

掌で創った円の空間には、ミロクの掌を行う為に必要な、特殊なエネルギーフィールドが現れるのですが、それをダイヤモンド多面体とイメージすると分かりやすいと思います。(実際は球体の多面体なので、上記画像とは少し異なりますが、イメージしやすいように掲載しました)

2.自分の氏名、生年月日を意図する

言葉で言っても良いですし、心の中で思うだけでもOKです。

3.宣言をする

『私は、感じている全てのネガティブなエネルギーを、ミロクの掌で受け入れます』と宣言します。

4.ダイヤモンド多面体へネガティブなエネルギーを移す

意図するしないに関わらず、宣言をする事で、ダイヤモンド多面体へネガティブなエネルギーは移りますが、意図したり意識して移したほうがより体感があります。

体感があると、『出来ている』という自己信頼感や確信が生まれ、それがワークの効果を更に高めるものです。

なので、ネガティブなエネルギーを感じている部分、例えば胸の痛みとか苦しみとかがあれば、それがダイヤモンド多面体へ移動するように意図したり意識してみてください。

そうすることで、胸の痛みや苦しみはスーと軽くなっていきます。

5.掌に集まったネガティブなエネルギーを観察する

ネガティブなエネルギーと自分が一体になっていると、感情に飲み込まれてしまったり、圧倒されてしまう事によって以下の事が起こったりします。

  • 他者批判
  • 怒り
  • 不安
  • 落ち込み
  • うつ状態
  • 感覚の麻痺
  • 思考停止
  • 現実逃避

ネガティブなエネルギーをダイヤモンド多面体へ移すことによって、自分と切り離すことが出来るので、客観的に観察することが出来るようになります

客観的に観察が出来ると、それを感じた事実を受け入れる事が出来るんですね。

良い悪いを超えて受け入れた時、ネガティブなエネルギーは成就(解放)します。

一の手活用セッション

7月14日に開催した活用セッションの音声です。伝授者のみに公開していますので、取り扱いにはご注意ください。(クリックすると別ページが開きます)

https://us02web.zoom.us/rec/play/u5EsIeyqqD83SNDDtwSDV_Z_W424J6ms0CAW_aYMnk-0B3kEOgHybrVEYbEHr8-M5DybwT0pHmqInqAl

パスワード: 3B.##&77

最新版

https://us02web.zoom.us/rec/play/vsV-dO-gqjM3EoKV4gSDAPcqW9S-fK-s1yJI__tYyhnhAXVQMQakNbcVN7YuXZwVudrBgysZaDFwlyr

パスワード: e0+%9tB1

参加者の方の顔が映ってしまっていたので、動画ではなく音声での公開になります。

音声で分かりにくい部分や質問がありましたら、メールでお知らせください。

二の手のやり方

二の手

 

※一の手からの続きです

1.掌を創る

これがミロクの掌二の手を行うときの型です。

右の掌でポジティブなエネルギーや感情に変換していきますので、画像のように右の掌を上にして、左の掌はそれを支えるようにして、円の空間を創ります。

多面体

掌で創った円の空間には、ミロクの掌を行う為に必要な、特殊なエネルギーフィールドが現れるのですが、それをダイヤモンド多面体とイメージすると分かりやすいと思います。(実際は球体の多面体なので、上記画像とは少し異なりますが、イメージしやすいように掲載しました)

2.宣言する

『私はミロクの掌にて、全てのネガティブなエネルギーをポジティブなエネルギーへと変換します』と宣言します。

3.ダイヤモンド多面体からポジティブなエネルギーが広がっていくのを観察する

意図するしないに関わらず、宣言をする事で、ダイヤモンド多面体からポジティブなエネルギーは広がっていきますが、意図したり意識して広がりを感じたほうが、より体感があります。

体感があると、『出来ている』という自己信頼感や確信が生まれ、それがワークの効果を更に高めるものです。

なので、エネルギーの広がりだったり、感覚や体感の変化を観察してみてください。

4.ミロク意識を活用する

二の手の伝授の中には、ミロク意識の活用に関する叡智も入っています。ミロクの掌で活用しやすいように、それを真言とリンクさせています。

『オン・マイタレイヤ・ソワカ』

二の手の伝授者の方は、この真言だけでも、現実への影響力が増しています。(試しに、液体に向かって真言を唱えてみてください。前後を飲み比べてみると、その意味が分かります)

話を戻すと、3.の前後に真言を組み合わせると、よりパワフルに変容が起こります。

真言を唱える回数は、3回~もういいと思うまで何回でも唱える事が出来ます。

5.合掌する

最後に、手を合わせて変化が起こったことに感謝をします。

感謝の対象は自分自身やハイアーセルフ、宇宙、創造主など、好きな対象で大丈夫です。

これをもって陰陽転換ワークは終了です。

補足

変化に対して、『こうあるべきだ』など、過度な期待を持ってワークをすると、エネルギーの流れを阻害する要因にもなりますので、楽しみながら力を抜いて行った方が効果があります。

二の手活用セッション

7月14日に開催した活用セッションの音声です。伝授者のみに公開していますので、取り扱いにはご注意ください。(一の手のZOOMセッションから連続して二の手のセッションも行ったため、タイトルに『一の手活用セッション』と入っています)

https://us02web.zoom.us/rec/play/ucJ-dbiprjg3HYfHsASDBKcsW9W5J6Os13Qe_fVbnkq3BSYDMQChZ7tGYOVGdfVNZVvQhOJXl8dhXqx7

パスワード: 3B.##&77

 

参加者の方の顔が映ってしまっていたので、動画ではなく音声での公開になります。

音声で分かりにくい部分や質問がありましたら、メールでお知らせください。

sp-cta